category : ウヂタミ

ウヂタミ。

ボッコボコ

天気の良い昼下がりは日向ぼっこに最適です。

20141115_IMGP9400「♪」

ぼっこしながら毛繕いもしてもらって、タミもうっとり~。

20141115_IMGP9403

。。からの

20141115_IMGP9409

10秒後。

20141115_IMGP9414

更に小一時間後

20141115_IMGP9420

また更に2分後

20141115_IMGP9426
(以下繰り返し)

チョイ返し

先日、友人のブログにこのサイトやら斑屋を紹介していただいた
というわけで、今回はご返杯。

チビ爺さんと微かに見切れているひめさん、ピピさんかグリさん(2012年春)
チビ爺さん
チビ爺ことチビ次さんは現在22歳。筋金入りの老猫です。
眼も耳もほぼ利かないですが、ヒゲと勘で暮らしています。

そしてチビ爺さんと拙宅のウヂタミは実はちょっと関係があるのでした。

ウヂタミがまだ幼い仔猫だった頃、
家庭の事情でタミがチビ爺さんの居るお宅にホームステイすることになったのでした。
(家庭の事情についての詳しくは過去のまんがで描きました。)

タミがお世話になった当時(2009年初夏)チビ爺さんは18歳。既に立派なお爺さん。
一般的には猫(特に仔猫)を増やすのは負担になるので避けたほうが良いとされる年頃です。
チビ爺とタミ
他の猫がタミの面倒を見てくれたりしたお陰か、無事受け入れてもらえたようです。
まだ眼も見えていたのでお願いできましたが、今なら無理でしょうね。
チビ爺とタミ
ちょっと微妙な表情。。

グリとタミ
タミの面倒を一番見てくれたのはグリさんだったそうです。

チビ爺とタミとグリ
オトナに囲まれて、タミはのびのびすくすく育ったのでした。

チビ爺さんと愉快な仲間たちの生活は「仙人猫の暮らし」で絶賛公開中です。
タミのホームステイ時代もそのうち出てくるらしいです。
更新頻度もここなんかよりぐっと高いので、是非。

おまけ:タミと離れ離れやった頃のウヂ
ウヂ

ウヂは動いたっきり子猫だったので
写真があってもまともなのは非常に少ないです。
ウヂ

大雪一過 おかわり

金曜~土曜にかけてまたまた東京都心でも20cm超えの積雪になった。

家庭の事情(ゴミの収集日)もあり、土曜日は猫用トイレを水洗いしたかったのに。。。

前回の雪で一回延期になっているので、今回は強行突破。
通常なら天日干しにするところを、ガズヒーターにがんばってもらいました。

トイレ待ちの二匹。

てのはフィクションで、本当はごはん待ちなのでした。

「まだ?」

初めての為書

先日、生まれて初めてサイン会なるものに行きました。
為書きを「玉虫と優曇華」てお願いしたんで2匹と本で記念撮影を。。。


断念。

どアップツーショットで茶を濁すことにします。

サインして頂いたのは 町田 康 「猫のよびごえ」 です。